ワイルド女子の存在


Wild Fashionの似合う男性とは少し意味合いに違いがありそうな、ワイルド女子の存在。皆さんは目撃したことがありますか?
線が細く、弱そうなイメージが男性の中に勝手にできているとは思うのですが、ワイルド行動を行う女子の存在が最近話題になっているようです。

重い荷物も男子に頼らず持ちあげ、堅いと感じる瓶の蓋も人に頼らず開けてしまう。そして何より性格がサバサバしてる。これらの項目を満たす「ワイルド女子」といわれる人たちのようです。しかし、ワイルド女子の行動はこのあたりにとどめて、女子らしい一面も持ち合わせていないと、一昔前に言われたことのある「おやじギャル」と同一のものになってしまうらしい。

では、ワイルド女子と肉食女子の差はなんなのか?調べれば調べるほどその境は曖昧で、男をがっつり狙う、肉食女子≒ワイルド女子と呼ばれる場合もある。

ワイルド女子という言葉は、男性が使う場合、あまりいい意味には使っていないような気がする。草食系男子が増えれば増えるほど、おのずと女性が強くワイルドになっていくものではないでしょうか。ワイルドファッションの似合う、ワイルド男子が増えれば、自然と守ってあげたい系女子は増えるのかもしれない。